スマホを見るカップル

税について知る

遺産相続とは、単純に言うと、亡くなった人の財産を受け継ぐことです。
その限りでは、現実的な現象として、把握のしやすいものと言う事が出来ます。
ほとんどの場合、亡くなった人は、財産を受け継ぐ人にとって家族や親戚に当たるので、問題はないように思われます。
しかし、財産的価値のあるものを受け継ぐということから、経済的な関連のある者同士の間で、トラブルが発生することも考えられます。
そこで、遺産の相続に関連しては、法律上の規定として定めることになったのです。
もちろん、個人の意思を尊重する立場から、亡くなった人の意思が優先されるのはいうまでもありませんが、そのような意思が確認できない場合には、法律の規定が適用されることになるのです。

一方で、遺産の相続は、課税の対象にもなるのですが、これは、相続全体を通じて理解することが必要です。
基本的には亡くなった人の財産が対象となるので、それを受け継ぐ人の事由については考慮されません。
また、納税は、現金払いが基本となるので、想定外に多くの遺産を相続すると、納税が困難になることもあります。
ここで注意したいのは、課税の対象は積極的な財産に限られるということです。
消極的な財産、つまり負債などは課税の評価に含まれません。
一方で、現実的に受け継ぐ財産の額によっては、税額を圧縮することも考えられます。
つまり、課税の評価の進行に遅れないように、消極的な財産の評価についても、適切に申告することが重要となるのです。