笑顔の男女

専門家の力を

遺産相続において対応するべきことには、争いのないスムーズな相続になるように準備することと、税金の納付の準備をすることがあります。
財産の分割を巡って遺族の間で争いが起きることを回避するためには遺言と生命保険の活用が有効です。
法的に有効な遺言書を作成することに関しては法律の専門家である弁護士に相談するのが最適です。
平成27年に相続税の基礎控除が削減されて事実上の増税になりました。
相続税を少しでも減らすことと納税資金の準備に関しては、税金の専門家である公認会計士や税理士に相談するのが最適です。
相続は将来のことではあっても確実に発生しますので、早い段階から専門家に相談して準備をしておくことが肝要です。

銀行などの金融機関にはファイナンシャルプランナーの資格を持った人がいますので、そのような人に遺産相続の相談をすることも可能です。
弁護士や税理士のような法律や税務のプロではありませんが、一通りの知識を有していますし、金融商品を扱うプロですので頼りになります。
遺言については、金融サービスとして信託銀行の遺言信託があります。
普通の銀行でも信託代理店として遺言信託を扱っています。
また、相続税を生命保険の保険金で準備するのであれば、銀行でも生命保険を扱っていますので、最適なプランの保険に加入することもできます。
金融機関では、無料で税理士や弁護士による相談会やセミナーも実施していますので、金融機関も遺産相続では相談できる相手であると言えます。