散らばったお札

遺書がある

士業の中でも特に有名な弁護士、その業務について、あなたはどのくらいご存知でしょうか。
元々法律のエキスパートですので、法律に関するすべての業務を請け負っています。
主な業務としては、訴訟における法廷での代理業務や、そのための書類作りになります。
加えて、法律相談もまた弁護士の大事な業務です。
弁護士に相談をする場合は、別途相談料がかかります。
この相談料は30分につき、税込で5400円となっています。
しかし、お金が無いけど相談をしたい場合は、各都道府県の弁護士会で無料で話を聞いてもらうことができます。
また、やはり各都道府県の法テラスに連絡を入れて、無料相談をすることもできますので、無料で法律相談をしたい時には、このどちらかを選ぶといいでしょう。

ところで訴訟業務に関しては、現在では他の士業でもできるようになっています。
たとえば民事に関することであれば、司法書士でも代理業務が可能ですが、訴訟の対象となる金額が140万円以下の場合に限られます。
また、ADRと呼ばれる裁判外紛争手続も、他の士業の有資格者が行うことができます。
この場合は司法書士のみならず、弁理士や土地家屋調査士、社会保険労務士も代理業務を行えます。
しかし、やはり法律に関わることすべてとなりますと、弁護士の右に出る存在はいません。
ですから、法的な問題で困った場合は、まず法律事務所を訪ねるようにするのがお勧めです。
もし知り合いにいない場合は、前出の法テラスなどで、その人の悩みにあった人物を紹介してもらうこともできます。